アートに触れてるフリしてきました(直島・豊島) その1

みなさま、大変お久しぶりでございます。
ブログ放置しておりました。MOKAは元気です。

その証拠に、こんな真冬に一人旅してきました。
アクセサリーともファッションとも関係ない記事にお付き合いください。
 
 
目的地は「アートの島、直島」とその周辺。
まあ、こういうジャンルに興味のある人にはお馴染み中のお馴染み。定番中の定番。

もちろんアタシもその範囲の人間ではあり、ずっと気になっていた場所。
でも、現代アートにそんなに強い思い入れもなければ作者の名前もあんまり知らない。。。

むしろアートと名の付く物をどこか疑いの目線で見てしまいがちなアタシ。
(例えば壁に大きな◯だけ書いてあるとか、、、なんかそーゆーやつねw)
 
 
 
てなことで「アートにはそんなに期待しずに、とりあえず海の近くでのんびーりしてこよう!」という気持ちで京都駅を出発。
 
 
map
新幹線で岡山まで。そこから在来線を乗り継ぎ宇野港まで。宇野港からはフェリーで直島へ。
京都からは約2時間半くらい。

港3
ヤター!!!晴れ女パワー炸裂の超快晴!!
そう、ここは「うどん県」です!
港2
港4
「ほら、あれが瀬戸大橋だぜ」「え?どこどこぉ~。見えないー。(パチクリ上目づかい)」
甲板でカップルの会話を妄想(一人旅は自由です)
IMG_0929 (1024x768)
客室は思っていたより広くて座席もチョット豪華な感じ。
 
 
初めてのフェリーにすでにテンションが上がりぎみ。
海無し県、岐阜出身のアタシにとって海は憧れの対象。だって世界と繋がってんだぜ。
「肉より魚」でございます。
「海の男」響きだけでカッコイイ。
 
 
そんなことを一人で思いふけっていますと約20分で直島の宮浦港に到着です。(午前9時40分着)
IMG_1096 (1024x768)IMG_1094 (1024x768)IMG_1095 (1024x768)
宮浦港はシュッとしてます。待合用のベンチもスタイリッシュな感じです。間違ってスネをぶつけたら超痛そうなトンガリ具合です。夏のハイシーズンはきっとこのベンチにも人が沢山座っているのでしょうね。
でも今は2月。3連休だったからそれなりに人は居ましたが、多くはない。狙い通りの閑散期。
 
 
港に着くと大抵の人はバスやレンタサイクルに乗りお目当てのエリアに出発していきます。
ん?アタシ?ふふふ。アタシはお迎えのお車が待っててくれてるんだよーん。今日から2泊お世話になる民宿のオッチャンが!(この後も島の移動はほぼオッチャンの送り迎えで過ごすことになる。)
 
 
港から宿への車中で「ここからの景色が最高」「地中美術館へはこの道を」など、島解説をしてくれるオッチャン。
IMG_0970 (1024x768)IMG_0992 (1024x768)
オッチャン)「あっちに見えてるヘリポートはベネッセの会長さんのや。会長は島にヘリを乗り付けるけんな。世の中、金(笑)」
アタシ)「ひぇー。さすがっすね。うらやましい。」

ここでオッチャンからのアドバイス。
)「男は性格や顔やなしに金で選びなさい」
)「え、え~っっ!!!」

)「けど、中途半端な金持ちは一番ダメ。金で選ぶならムチャクチャな金持ちな」

)心の声(うん、お金大事!でもさ、庶民的に暮らしてたらそんな金持ちって出会うことすら難しいっす。。。アタシは性格重視でチョッピリ肉体重視の健全な女子代表を目指しますよ。)

)「それから昼ゴハンはおすすめのうどん屋があるけん。お腹空く時間になったら店まで送っていくから!ここは本格派の讃岐うどんやけん、めっちゃウマイぞー。」
)「もうアタシは言われるがままに動きます。美味しいうどん食べたいです!」
IMG_0968 (1024x768)IMG_0967 (1024x768)IMG_0966 (1024x768)
感想は「もち!美味しい!もち!シコシコ!」です!

食べ終わったらオッチャンにTEL。すぐに迎えに来てくれます。もはやアッシーのようで申し訳ないくらい。
島のバスは本数が少ないし、結構なアップダウンがあって自転車ではキツイ道が多いので、ホントーにこの送り迎えは有り難いのです。
 
 
とりあえずこれが1日目のお昼まで。今のところ、アートのアの字も出てきてませんが、、、
到着まもなく島の自然と島の人に感動だったのです。

次回からは「アート感」出します。続きはまた今度。

◆その2へつづく…

広告

アートに触れてるフリしてきました(直島・豊島) その1」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: アートに触れてるフリしてきました(直島・豊島・倉敷) その2 「家プロジェクト」 | MOKAZ itta

  2. ピンバック: アートに触れてるフリしてきました(直島・豊島・倉敷) その3 「島の様子」 | MOKAZ itta

  3. ピンバック: アートに触れてるフリしてきました(直島・豊島) その2 「家プロジェクト」 | MOKAZ itta

  4. ピンバック: アートに触れてるフリしてきました(直島・豊島) その3「豊島美術館」 | MOKAZ itta

  5. ピンバック: アートに触れてるフリしてきました(直島・豊島) その5「豊島美術館」 | MOKAZ itta

  6. 直島一人旅で検索して辿り着きましたー。
    綺麗な写真にワクワクです!
    そして読みやすい文章!

    ちなみに、お宿教えていただくことは可能ですか?
    このお宿なら1人でも行けそうな気がしてきましたー。

    あと、やっぱり二泊はしたいところですよね…?

    などと、初めてにも関わらず質問しまくってしまいました…
    失礼いたしましたヽ( ´ー`)ノ

  7. あんさん
    コメントありがとうございます。
    ブログ放置気味でお返事遅れてごめんなさい。

    このお宿は西村屋さんという女性限定のお宿ですよ。
    とにかくここのオッチャンが親切で、お一人で行かれる予定ならオススメです。

    それから、私は直島以外に豊島にも絶対行きたかったのと、せっかくならのんびりしたいと思い、余裕を持って2泊しました。(ちなみに私は最終日に岡山観光もしています。)
    私のように他の島にも行かれる予定でしたら、余裕のあるスケジュールを立てられた方が良いかと思います。
    (オフシーズンは特に島と島をつなぐ船便の数が少ないです。)
    直島オンリーなら、朝から効率よく動けば1日でも回れますので、次の日に別の島へ行ったとしても、1泊で大丈夫かもしれませんね〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中